スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体育会系の金魚さん

2016-11-12--14-33-07.jpeg
次は、金魚さんが熱望する鞭打ちです。
背中を打つための縛りに縛り直します。

後ろ手も好きですが、こういうホールドアップ!な縛り方も好きです。
脇や胴ががら空きになる無防備な感じが好きです。
犬がボス犬に仰向けになって服従の意思を表すのと同じ仕草ですね。

僕は、縄は美的にも惹かれますし、責めるための拘束方法としても好きですが、もう一つ惹かれる理由があると思っています。
それは、縛られて相手に身を委ねることは、相手への信頼や好意を示すメッセージだからです。
また、こういう姿に縛られるのを受け入れるのは、例えばくすぐられても我慢するとか、鞭が欲しいとか、のメッセージがあることもあります。
縛られるという行為は、時に言葉より強いメッセージになります。


コメント

非公開コメント

プロフィール

士郎

Author:士郎
仕事の都合で東京に来ました。
縄やSMは、ちょっと変わった嗜好のある者同士のコミュニケーションの手段だと思っています。
言葉だけでは伝わらない想いを、縛ったり縛られたりして伝え合うのです。
こういうコミュニケーションに興味がある方や、我こそは金魚だと思う方は、気軽にご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

金魚

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。