スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梁なしで両手吊りをする

2017-11-2--10-23-47 (2)
両手吊りが大好きとお話しましたが、梁がないとできないため、普通のホテルではできない吊りです。そこで代わりに編み出したのが、この両手吊り固めです。名前は柔道技のようですが、両手をぴったり合わせて束ねると、頭がひっかかって腕を降ろすことはできません。
さあ、無防備な腋と胸を思う存分もてあそびましょう。頭も少ししか動かせないので、耳や口をもてあそぶのもいいですね。

白い金魚さん

2017-07-1--22-46-00.png
ここは、古い欧風建築が売りの山の王を意味するホテルチェーンの一室ですが、麻縄と手拭いが意外と調和しています。
シティホテルは、制限はありますが、明るくて清潔感があるので好きです。
ラブホテルを利用することが多いのですが、たいていのラブホテルは法律上は普通のホテルと変わらないはずなので、部屋はもっと普通でいいのにと思います。


白い金魚さん

2017-07-1--22-58-29.png
両手で頬杖をついて、可愛いっぷりしたグラビア風のポーズに見えますが、これは前に紹介した犬縛りで、今は休憩中です。
性格はともかく犬とは骨格が違うので、伏せ!と言っても、こんなのんびりした感じになります。

白い金魚さん

2017-07-1--22-51-49.png
分かりにくいですが、背中に棒を背負わせて、十字架にはりつけたみたいに腕を広げて縛っています。磔縛りと呼びましょう。
この縛りは、不思議と罪人みたいな印象になります。
時代劇の、ええーい!獄門はりつけに処す!の影響だろうと思います。
彼女は何も悪いことはしていないので、罪人扱いされて可哀そう感が出ていい感じです。

白い金魚さん


前から見るとこんな感じです。
腕を引かれているのが分かりにくいので、普通のあぐら縛り風です。
でも、力の入った足の指で、もがく感じが伝わるでしょうか。

白い金魚さん

2017-07-1--22-39-21.png
これも好きな縛りの一つです。
両手を束ねて吊り上げる縛り。
好きな理由は大の字縛りと同じで、無抵抗な感じがいいのと、色んな責めがしやすいことです。
ただし、丈夫な柱や梁がないとできないのが難点です。
鞭で打ってよし、指で鳴かせて良し。
さあ、どうやって責めよう。

白い金魚さん

2017-07-1--22-50-26.png
これも好きな縛りで、あぐら縛りです。
立体的で視覚的に映えるのと、後ろに座ってねちねちといじめやすいのが好きな理由です。
この縛りのままうつ伏せやあおむけにすると非常に恥ずかしい姿になります。

このあぐら縛りは僕のオリジナルで、身をかがめないと後ろの手が引っ張られるように縛っています。
手首がかなり高い位置にあるのが分るでしょうか。
金魚さんは、頭を下げたり、手首を動かしたり、一人でと格闘中です。
邪魔せず、にギブアップするまで見守ってあげましょう。

あと金魚さんが着ているのはスクール水着です。スクールものは引かれそうですが、機能的で、エッチで、玩具を仕込みやすいと、3拍子そろっているので、僕は好きなコスチュームです。

白い金魚さん

2017-07-1--22-56-11.png
わんこ縛りは見て楽しむ縛りなので、僕は楽しいのですが、金魚さん的には退屈で不評です。
わんこ遊びは断念して、仰向きに寝かせます。そうすると足が苦しいので胸と腰を突き出した姿勢になります。

自分でこういう姿勢をさせたことは置いてといて、
いじめて欲しくていやらしいところを突き出しているの?
という展開に持っていってあげます。

白い金魚さん

2017-07-1--22-54-22.png
これは正式名称はわからないのです、わんこ縛りと呼んでいます。
四肢を折り曲げて縛るので、四つ足の動物のようになります。
首輪を付けて散歩をしたいところですが、実際は肘と膝が結構痛いので、残念ながらベットの上でじっとしているだけです。
移動が必要な場合は、恰好良くないのでここだけの話ですが、抱きかかえて移動します。
肘と膝にクッションを付けてあげれば室内で散歩の真似はできそうですが、見た目が綺麗じゃないので今一つ。

白い金魚さん

2017-07-1--22-39-46.png
これは逆エビ縛りです。
責めるより、縄の美しさを楽しむ縛りです。
腕に負担がかかるのですが、肘を締めるのが拘束感を高めて綺麗になるコツです。
この金魚さんは、体は固い方ですが、結構決まっていると思うのは僕だけでしょうか。
写真撮影も肘を締めるのがブレすに綺麗に写すコツですから、物事の基本というのは不思議と似ていることが多いですね。

プロフィール

士郎

Author:士郎
仕事の都合で東京に来ました。
縄やSMは、ちょっと変わった嗜好のある者同士のコミュニケーションの手段だと思っています。
言葉だけでは伝わらない想いを、縛ったり縛られたりして伝え合うのです。
こういうコミュニケーションに興味がある方や、我こそは金魚だと思う方は、気軽にご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

金魚

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。