スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体育会系の金魚さん

2016-11-12--14-32-13.jpeg
この時は彼女とは既に何度か会って性格や嗜好もある程度把握している段階です。
体育会系でキツイ責めが好みのコなので、まずは厳しい逆エビ縛りで、拘束感を楽しむ時間を与えてあげます。

顔を下げられないように縛っていて見た目より首が苦しいはずですが、そういう素振りを見せないコです。むしろ頑張り過ぎないよう要注意です。

足の親指を縛るのは、足首から引っ張るのよりテンションに遊びがでて安全ということと、可哀そうな感じがするからで、最近のお気に入りです。

体育会系の金魚さん

1
このコは、健康的で、性格もさっぱりとした体育会系ですが、痛みを好む性癖があります。
可哀そうな自分が好きで、そのために痛みも受け入れるというタイプは多いのですが、痛みを求める人は少ないと思います。
バラ鞭じゃなくケインがいいと言いますが、そんな怖いものは持っていないので、不満そうです。
私、変なんです!と明るく言いますが、世間から見ればその通りで、日常と性癖の折り合いは難しいと思います。

被写体は素晴らしいのに、僕の拙い撮影でお恥ずかしい限りです。でも、Mのスイッチが入って、調教に期待が膨らんでいる感じは伝わるでしょうか。

はじめに

KINGYOSUKUI.jpeg

初めまして。

金魚は、人の手で美しい姿を得た一方で、その美しさゆえに自然界では生きていけなくなった魚です。
せまい金魚鉢で生きるしかない金魚は不自由に見えますが、金魚として生きるのことに案外満足しているかもしれません。そこに金魚らしく生きる自由があるからです。


金魚のように普通の社会で生きずらい人がいます。
Mの方もその一人です。それは恥ずかしい性癖と考えられているために隠して生きいる方が沢山います。人の社会では、Mとして生きる自由は得がたいのです。


このブロクは、金魚を愛でる者として、美しい金魚がのびのびと泳ぐ姿を発信する場にしていきたいと思います。

追伸)以前から訪問していただいている方はありがとうございます。仕事の都合で場所を東京に移すこととなりました。再発信していきますので、これからも応援をお願いします。

プロフィール

士郎

Author:士郎
仕事の都合で東京に来ました。
縄やSMは、ちょっと変わった嗜好のある者同士のコミュニケーションの手段だと思っています。
言葉だけでは伝わらない想いを、縛ったり縛られたりして伝え合うのです。
こういうコミュニケーションに興味がある方や、我こそは金魚だと思う方は、気軽にご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

金魚

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。